【富士経済】糖尿病17年5000億円、癌18年1兆円を突破

2013年5月24日 (金)

ニュース


 総合マーケティングの富士経済は国内医療用医薬品市場調査から、糖尿病治療剤はDPP‐4阻害剤に加えて新薬が牽引して2017年に5000億円、抗癌剤は分子標的薬が牽引して18年に1兆円を上回るとの予測を発表した。

 糖尿病治療剤では、09年にMSDの「ジャヌビア」と小野薬品の「グラクティブ」が発売されて以降、DPP‐4阻害剤が相次ぎ登場しており、12年はDPP‐4阻害剤が対前年比71・9%増と急拡大し、糖尿病治療剤全体が13・7%増の3688億円に成長した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【富士経済】糖尿病17年5000億円、癌18年1兆円を突破

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS