【厚労省調査】薬剤師1.3%増の28万人‐空白の2年間で伸び鈍化

2013年12月25日 (水)

ニュース


 厚生労働省は17日、2012年「医師・歯科医師・薬剤師調査」の結果を発表した。昨年末時点の薬剤師の届け出は28万0052人で、2年前の前回調査に比べ1・3%増加した。薬剤師数の伸び率は、ここ10年で5~6%を維持していたが、4年制の薬学教育から6年制への移行に伴って卒業生が激減する空白の2年間などにより、前回調査でも3・3%増にとどまっている。

 薬剤師が主に従事している業務の種別を見ると、薬局が15万3012人で全体の54・6%を占め、前回から5・1%増加した。病院・診療所は5万2704人(18・8%)で、1・3%増になった。



HOME > ニュース > 【厚労省調査】薬剤師1.3%増の28万人‐空白の2年間で伸び鈍化

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!