【みどり薬局(東京台東区)】子供への上手な薬の飲ませ方‐薬学生と薬局が連携しセミナー

2014年3月7日 (金)

ニュース


薬学生が講師となって子供への薬の飲ませ方を指導した。実際にオブラートや服薬補助ゼリーの正しい使い方も体験してもらう

薬学生が講師となって子供への薬の飲ませ方を指導した。実際にオブラートや服薬補助ゼリーの正しい使い方も体験してもらう

 子供が病気になった際に、何とかうまく薬を飲んでもらおうと、親としてはいろいろと工夫をすることもあるが、飲ませ方には注意したい点も少なくない。みどり薬局(東京台東区)では2月27日に、0~6歳の子供を持つママを集め、店内で「お子様への上手な薬の飲ませ方」をテーマにミニセミナーを開いたが、今回は同薬局で実務実習中の薬学生がメイン講師を務め、薬剤師がサポートする形を採用。分かりやすい説明はママたちに好評だったが、薬学生にとっても初のプレゼンは貴重な体験となったようだ。

 みどり薬局代表の坂口眞弓さんは、台東区の浅草地区で地域に根ざした医療活動を行っている浅草薬剤師会の会長でもある。自らの薬局でも、かかりつけ薬局として近隣住民の健康アドバイザーとなることに努め、これまでも糖尿病など薬や疾患に関する様々なテーマで、小規模ながら薬局内でミニセミナーのような形で話す機会を設けてきた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【みどり薬局(東京台東区)】子供への上手な薬の飲ませ方‐薬学生と薬局が連携しセミナー

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS