【日薬】12年度「保険調剤の動向」‐調剤点数の伸び鈍化

2013年5月29日 (水)

ニュース


 日本薬剤師会は23日、保険調剤の動向「2012年度調剤分(全保険・速報値)」を発表した。12年度の受付処方箋枚数は対前年比で1・6ポイント、調剤点数(料)が1・7ポイント、調剤件数が3・0ポイントの増となった。処方箋の受取率(分業率)は66・1%で前年度より1ポイント増にとどまり、この2~3年は伸び悩み、頭打ち状態になりつつある。日薬では「順調に推移している」としながらも、これまでは長期処方と高額薬剤へのシフトにより、枚数の低い伸びに比べ調剤点数が高めだったが、今回伸びが鈍化したことに関し「正式な分析は行っていない、今後対応したい」とした。

 受付処方箋枚数は7億5887万5552枚、調剤点数(料)は6兆3057億6653万円、調剤件数は5億8124万1213件だった。これまで処方箋枚数の伸びは非常に低かったのに対し、点数はそれよりも高い伸び率を示していたが、12年度に関しては処方箋枚数同様の低い伸びにとどまった。



HOME > ニュース > 【日薬】12年度「保険調剤の動向」‐調剤点数の伸び鈍化

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!