基準調剤加算の要件厳格化、“かかりつけ”評価鮮明に‐三浦日薬副会長、調剤報酬改定で言及

2014年3月31日 (月)

ニュース


日本薬剤師会副会長・三浦洋嗣氏

日本薬剤師会副会長・三浦洋嗣氏

 中央社会保険医療協議会委員の三浦洋嗣日本薬剤師会副会長は、2014年度調剤報酬改定で、基準調剤加算の算定要件を厳格化し、かかりつけ薬局として24時間調剤・在宅業務への対応がより強く打ち出されたことについて、「地域医療に参画し、一生懸命に取り組む薬局を評価するというメッセージ」との認識を示した。また、後発医薬品調剤体制加算の新指標設定については、ハードルの高さに理解を示しつつも、「財政影響を考慮した中での点数、要件の設定で、薬剤師が努力している姿を見せるためにも、少しハードルが高くないと訴えられない部分があった」と理解を求めた。

 今回の改定は、▽在宅医療▽後発品の使用促進▽大規模チェーン薬局の適正化――の三つが大きな論点になったとの認識を示した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 基準調剤加算の要件厳格化、“かかりつけ”評価鮮明に‐三浦日薬副会長、調剤報酬改定で言及

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS