【財政審】後発品数量100%を要求

2013年5月31日 (金)

ニュース


 財務省の財政制度等審議会は27日、財政健全化に向けた基本的な考え方を示す報告書をまとめ、麻生太郎財務相に提出した。社会保障の重点化・効率化に向けた取り組みの一つとして、後発品のさらなる使用促進等を挙げ、参照価格制度や長期収載品薬価の引き下げ等を要求。最終的には数量シェア100%を目指すべきと提言した。

 報告書では、社会保障給付の重点化、効率化について不断の取り組みが必要なことを強調している。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【財政審】後発品数量100%を要求

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS