【未承認薬検討会議】新スキーム、開発要望は80件‐優先扱い対象は10件

2014年4月28日 (月)

ニュース


 厚生労働省は22日、「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」に、昨年8月1日~12月27日にかけて募集した「第3回開発要望(第1期)」の結果を報告した。約40の学会や団体などから80件の要望が提出され、第1回の374件、第2回の290件と比べ、大幅に減少。堀田知光座長(国立がん研究センター)は、未承認・適応外薬などの問題が「解消してきたことが実感できる」と評価した。また、今回のスキームから設けられた「優先的に取り扱う対象」には、未承認薬8件、適応外薬2件の計10件が該当した。

 厚労省は、昨年6月の会議で、第3弾の開発要望から、学会や患者団体などからの未承認薬、適応外薬の開発要望について、優先度を設けた上で随時、受け付ける新たな仕組みの導入を決めていた。今回の開発要望は新スキームによる第1弾。



HOME > ニュース > 【未承認薬検討会議】新スキーム、開発要望は80件‐優先扱い対象は10件

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!