【日医】バルサルタン問題で見解「事実関係に説明責任を」

2013年6月5日 (水)

ニュース


 日本医師会は5月29日、ノバルティスファーマの社員が身分を伏せてバルサルタン臨床研究の統計解析に関わっていた論文不正問題について見解を発表した。「臨床現場の医師は、研究成果を踏まえて医薬品を使用しており、これに疑念が生じていることは国民の健康にも多大な影響を与えかねない由々しき問題」と指摘。ノバルティスに対して、不正問題の事実関係について早急に説明責任を果たすよう求めた。

 日医は、臨床研究には高い倫理性と公正性が求められているとした上で、「今回の不正問題が利益相反にとどまらず、国民の医薬品、医療への信頼を失墜しかねない重要な問題」との認識を示し、ノバルティスに対し、事実関係について早急に説明責任を果たすよう要求した。



HOME > ニュース > 【日医】バルサルタン問題で見解「事実関係に説明責任を」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!