薬剤師業務のシフトを「調剤から患者ケアに」‐FIP・ブッフマン会長が会見

2014年5月27日 (火)

ニュース


責任ある薬剤使用へ連携必要

ミシェル・ブッフマン会長

ミシェル・ブッフマン会長

 来日中の国際薬剤師・薬学連合(FIP)のミシェル・ブッフマン会長は23日、都内で記者会見し、「責任ある医薬品の使い方が薬剤師にとって重要。そのためには、薬剤師の仕事を調剤から患者ケアに変えていかなければならない」との考えを示した。薬学における臨床教育を発展させると共に、医師や看護師等、他の医療従事者と密接に連携することで、適切な医薬品の使い方ができると強調。「販売業者ではなく、健康を提供できる本当の薬剤師になってほしい」とメッセージを送った。

 日本は先進国の中で唯一、医師の調剤を容認している国とされ、医師が処方し、薬剤師が調剤する世界的な潮流と違うことが指摘されている。ブッフマン氏は「薬剤師の実務については、世界的にも少しずつ調剤から内容が変化してきている」との見方を示した。



HOME > ニュース > 薬剤師業務のシフトを「調剤から患者ケアに」‐FIP・ブッフマン会長が会見

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!