薬価毎年改定、「反対表明」相次ぐ

2014年6月10日 (火)

ニュース


日薬「容認できない」

 日本薬剤師会の児玉孝会長は5日の会見で、薬価の引き下げを目的に財務省の財政制度等審議会などが求めている「薬価の毎年改定」について、「容認できない」との認識を示した。

 反対の理由について、森昌平常務理事は、過剰な引き下げにつながり、製薬企業のイノベーション活動に対する意欲をそぐことになると説明。後発品を含めた製薬産業の発展や創薬に向けた取り組みへの影響にも懸念を示した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 薬価毎年改定、「反対表明」相次ぐ

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS