【官民基金】横浜で結束アピール‐国際保健への関与強化で一致

2013年6月7日 (金)

ニュース


アフリカ会議併催行事に参加

日本初官民連携の結束をアピール

日本初官民連携の結束をアピール

 日本初の官民基金として活動を開始した「グローバルヘルス技術振興基金」(GHITファンド)は1日、横浜市で開催された第5回アフリカ開発会議(TICAD―V)の併催行事に参加し、日本政府や製薬企業等の代表者がパネル討論を実施。官民パートナーシップによって国際保健への関与を強めていくことが必要との認識で一致した。

 外務省は5月17日、国際保健外交戦略を策定。国際保健を日本外交の重要課題と位置づけ、オールジャパンで推進していく方針を打ち出している。その中で、具体的な施策の一つとして、グローバルな官民連携の推進を掲げ、医薬品開発支援基金のGHITファンドなどを位置づけている。



HOME > ニュース > 【官民基金】横浜で結束アピール‐国際保健への関与強化で一致

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!