第1類ネット販売に反対‐日薬など6団体「後世に禍根を残す」

2013年6月7日 (金)

ニュース


 日本薬剤師会、日本チェーンドラッグストア協会、全国薬害被害者団体連絡協議会など一般薬のネット販売に慎重姿勢を示す6団体は4日、厚生労働省内で会見し、副作用リスクの高い第1類のネット販売を解禁することについて、「絶対に受け入れられない」と反発した。

 6団体は、同日に公表した「一般用医薬品のインターネット販売について(意見)」で、第1類をネット販売の対象から外すよう求めると共に、「国民の安全をないがしろにしてまで政策を進めることは、後世に禍根を残す」と非難。全面解禁により、ネット販売による事故が生じた場合の“ネット販売推進派”の責任の所在を明らかにすべきとした。



HOME > ニュース > 第1類ネット販売に反対‐日薬など6団体「後世に禍根を残す」

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!