【薬事日報調査】調剤報酬改定の影響調査‐内容に8割が不満持つ

2014年7月22日 (火)

ニュース


後発品体制加算、算定は落ち込む

 2014年度の診療報酬・調剤報酬改定から3カ月が過ぎたが、約8割の管理薬剤師等が改定内容に、さらに7割近くが消費税率8%への対応について不満を持っている。また、後発医薬品調剤体制加算の算定が改定前の74%から49%へと大きく落ち込んだ。約6割の薬局が改定以降、減収した。その要因として主に基準調剤加算、薬剤服用歴管理指導料、後発医薬品調剤体制加算の見直し、薬価改定の影響を挙げている。本紙が実施した「14年度調剤報酬の改定直後影響調査」で明らかになった。

 調査対象は、医療法に基づく「医療機関情報検索システム」で都道府県が提供する薬局検索システムに掲載されている約5万薬局のうち3000軒を無作為に抽出。改定以前との比較を中心に調査を依頼、6月中旬までに回収した。閉店等や締め切り後の回答を除くと、調査対象2977軒のうち有効回答数579軒(回収率19・4%)について集計した。なお、今回質問項目は20項目ほどに及ぶが、項目によって回答数(母数)は異なる。



HOME > ニュース > 【薬事日報調査】調剤報酬改定の影響調査‐内容に8割が不満持つ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!