田村厚労相、製薬業界に再発防止求める‐臨床研究問題受けて

2014年7月29日 (火)

ニュース


製薬協の多田会長(左)に再発防止の徹底を指示する田村厚労相

製薬協の多田会長(左)に再発防止の徹底を指示する田村厚労相

 高血圧治療薬バルサルタンの研究論文不正事件など、臨床研究に製薬会社が不適切に関与する問題が相次いでいることを受け、田村憲久厚生労働相は24日、日本製薬工業協会の多田正世会長に対し、再発防止を徹底するよう指示した。

 臨床研究の不正事件をめぐっては、ノバルティスファーマの元社員が高血圧治療薬の臨床研究論文データの改ざんに関与したとして、薬事法違反で東京地検特捜部に起訴されたほか、武田薬品が高血圧治療薬の医師主導治験に計画段階から会社が全面的に関与し、協和発酵キリンが腎性貧血治療薬の医師主導臨床研究に同社MRらの不適切な関与が指摘されるなど、製薬会社による不適切な関与が相次いでいる。



HOME > ニュース > 田村厚労相、製薬業界に再発防止求める‐臨床研究問題受けて

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!