【文科省】ポスト「京」、創薬を重点課題‐高速計算で生体分子機能制御へ

2014年7月29日 (火)

ニュース


文科省が9分野決定

 文部科学省の検討会は、スーパーコンピュータ「京」の100倍の計算性能を持つ後継機と位置づけるポスト「京」で重点的に取り組む9分野の課題を決めた。世界に先導する成果が期待できる分野の一つに創薬を採択。低分子阻害剤の創薬ターゲットが枯渇する中、機能阻害にとどまらず、高速計算で網羅的に生体分子システムの機能を制御する薬剤を設計すること等を狙い、創薬プロセスの革新を目指す。

 純国産のスパコンとして稼働した「京」は、世界で初めて処理速度10ペタプロップスを突破し、新薬開発等に利用されてきたが、米国や中国、欧州等が100京倍の「エクサ級」スパコン開発の国際競争を激化させる中、日本も国家プロジェクトとして「京」の100倍の処理速度を持つ後継機の開発に着手。今回、ポスト「京」で国家的に解決を目指す課題の一つに創薬を位置づけた。



HOME > ニュース > 【文科省】ポスト「京」、創薬を重点課題‐高速計算で生体分子機能制御へ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!