【都薬調査】後発品品質は改善傾向

2013年6月19日 (水)

ニュース


さらなる改良必要

 東京都薬剤師会が都の委託で2011年度から2年間実施した後発品の品質に関する調査の報告書をまとめた。患者・薬剤師・医師・看護師等が指摘した後発品の品質に関する情報を会員から収集し、合計843品目延べ866件の品質情報を評価したところ、改良を求める意見が528件と全体の6割を占めた。ただ、4割の338件は後発品の有用性を認めるもので、「新しい製剤技術の利用や先発品に対する評価を踏まえた製品開発がなされているものがある」とした。

 改良が必要とした案件数は「PTP包装等」の123件が最も多く、剤形や錠剤の崩壊性などの「製剤」101件、「味、臭い」72件、「錠剤の大きさ等」49件、「外用剤の使用感」44件と続いた。



HOME > ニュース > 【都薬調査】後発品品質は改善傾向

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!