【日本褥瘡学会学術集会】薬剤師の参画で治療期間短縮‐褥瘡チーム医療での有用性強調

2014年9月5日 (金)

ニュース


薬剤師の古田氏が会長講演

第16回日本褥瘡学会学術集会

第16回日本褥瘡学会学術集会

 第16回日本褥瘡学会学術集会が8月29、30の2日間、名古屋市内で開かれた。薬剤師として初めて同会の会長を務めた古田勝経氏(国立長寿医療研究センター高齢者薬物治療研究室長)は会長講演の中で、褥瘡のチーム医療における薬剤師の役割や有用性を強調。治療期間の短縮化や費用の抑制につながるとし、「褥瘡チーム医療における薬剤師の活用について理解、協力をお願いしたい」と呼びかけた。

病院経営上の利点も
古田勝経氏

古田勝経氏

 古田氏は、全国の複数の病院を対象にした調査結果を紹介。医師と看護師によるチーム医療に比べて、そこに薬剤師が加わったチーム治療においては「褥瘡が治癒するまでの期間はどのステージでも短縮される」と指摘した。また、物材費と人件費を合わせた治療の総費用は約4分の1になるとし、患者だけでなく病院経営上の利点もあると語った。



HOME > ニュース > 【日本褥瘡学会学術集会】薬剤師の参画で治療期間短縮‐褥瘡チーム医療での有用性強調

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!