【東京医歯大グループ】肥満による脂肪細胞の線維化、鍵となる分子ミンクル発見‐メタボ治療の新たな分子標的

2014年10月1日 (水)

ニュース


 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の菅波孝祥特任教授らの研究グループは、病原体センサー分子であるミンクル(Mincle)が肥満に伴う脂肪組織の線維化を促進させる鍵となる因子であること、“第3の脂肪”ともいわれる異所性脂肪の蓄積に重要な役割を担うことを明らかにした。今後、ミンクルシグナルを標的とする新たなメタボリックシンドロームの治療戦略の開発が期待される。

 脂肪組織は、余剰エネルギーを中性脂肪として貯蔵する機能のほか、種々のホルモンを分泌する機能も有している。これまでに肥満に伴って脂肪組織で慢性炎症が生じることが分かっているが、最近、慢性炎症の結果、ホルモン産生調節が破綻することでメタボリックシンドロームを発症することが明らかになっている。一方、慢性炎症に伴うエネルギー貯蔵機能の変化もメタボリックシンドローム発症に関与するものと考えられているが、詳しい分子機構は分かっていなかった。



HOME > ニュース > 【東京医歯大グループ】肥満による脂肪細胞の線維化、鍵となる分子ミンクル発見‐メタボ治療の新たな分子標的

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!