【文科省】民間研究費が過去最高‐「産学連携」進展を裏づけ

2014年12月2日 (火)

ニュース


大学特許収入、初の20億円台

 文部科学省は11月28日、2013年度の大学等における産学連携の実施状況を調べた結果、民間企業からの研究資金の受け入れ額が過去最高額になったと発表した。共同研究や特許権実施料収入の大幅な増加を背景に、産学連携が進んだ。また、特許権実施料収入も初めて20億円を突破し、過去最高額となった。治験等の受け入れ額は前年度比3.7%増だった。

 調査は、全国の大学等1073機関を対象に、昨年度に行われた民間企業との共同研究や受託研究、治験実績、発明状況等、産学連携の実施状況をまとめたもの。その結果、治験や特許権実施料収入等、民間企業からの研究資金の受け入れ額は、約695億円と前年度に比べて67億円(10.6%)増加し、過去最高額となった。共同研究で390億円、治験等で172億円の受け入れ額があった。



HOME > ニュース > 【文科省】民間研究費が過去最高‐「産学連携」進展を裏づけ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!