【JBA】バイオベンチャー統計、3年連続で企業が増加‐幅広い業種間の提携進む

2014年12月17日 (水)

ニュース


 バイオインダストリー協会(JBA)は、2014年バイオベンチャー統計・動向調査をまとめ、その概要版を公表した。13年度(14年1月時点)の企業数は3年連続増加し591社となった。ここ数年、バイオベンチャー間の共同研究、資本提携など創薬以外での幅広い業種間の連携、契約期間などの延長が見られるようになった。また、シードやアリーステージへの投資は増加しているが、バイオ関連分野への投資は減少し、ベンチャーに対する投資家の目が厳しくなっている現状も分かった。

 この1年間で把握できたベンチャーは77社だった。その内訳は、13年設立9社、新規68社だったが、廃業(解散・精算)した企業や吸収合併された企業が13社、定義から外れた企業が25社となり、全体としては前年度より39社増加した。大学発ベンチャーについては08年以降、設立数の減速、解散・撤退が続いていることも明らかになった。



HOME > ニュース > 【JBA】バイオベンチャー統計、3年連続で企業が増加‐幅広い業種間の提携進む

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!