【薬学教育協議会調査】13年度の卒業生が大幅減‐就職先1位「薬局」変わらず

2015年1月15日 (木)

ニュース


 昨春卒業した薬学部6年制第3期生は、2013年度初めて全国の薬系大学73校(74学部)の全てが学生を輩出したにもかかわらず、12年度より1000人弱少ない8535人となった。卒業後の進路としては薬局へ約37%、病院には約27%が就職、一般販売業を含めると約70%が薬剤師免許を使う道を選んだ。また、薬剤師不足が指摘される中、進学が12年度の1.6%から2.9%に微増した一方、非就職者・就職未定者が5.9%から8.7%と漸増傾向にあり、薬剤師国試合格率との関係性が推察される。薬学教育協議会がまとめた「14年3月薬系大学卒業生・大学院修了者就職動向調査の集計報告」で明らかになった(表参照

 同調査は6年制第3期生を輩出した全薬系大学が回答した。卒業生総数は13年度に比べ956人減少した。男女別には男性が3463人、女性5072人だった。このうち就職したのは7516人(就職率:卒業生の88.1%)で昨年度に比べ4.1ポイント低下し、就職率は9割を切った。男女別では男性が3031人(87.5%)、女性4485人(88.4%)で、それぞれ3.7ポイント、4.7ポイントの低下となった。



HOME > ニュース > 【薬学教育協議会調査】13年度の卒業生が大幅減‐就職先1位「薬局」変わらず

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!