【大塚製薬】豪州市場に参入‐オセアニア地域では初拠点

2015年2月3日 (火)

ニュース


 大塚製薬は、豪州に販売子会社「大塚オーストラリアファーマシューティカル」を開設した。昨年末にシドニー郊外にオフィスを構え、従業員4人で事業をスタートさせた。オセアニア地域に現地法人を設立するのは初めて。大塚の海外拠点は27カ国・地域となる。

 豪州の医薬品市場は、過去数年で成長を続けており、2012年には約130億豪ドル(1兆1000億円)と世界12位の規模となっている。高齢化を背景として、薬物療法を必要とする慢性疾患が増加傾向にあり、市場が拡大している。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【大塚製薬】豪州市場に参入‐オセアニア地域では初拠点

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!