【日漢協】生薬栽培の品質確保手引き「日漢協版GACP」を作成

2015年2月9日 (月)

ニュース


図

※画像クリックで拡大表示

 日本漢方生薬製剤協会は、漢方薬原料となる薬用植物の栽培と採取、加工に関する手引き「日漢協版GACP」を取りまとめた。気象条件などの影響を大きく受ける薬用植物に関して、栽培段階での注意点や基本的な手順などを明文化し、漢方薬メーカーと産地側が協力して生薬栽培に取り組むための参考材料として役立てたい考え。一部の漢方薬メーカーではGACPを作成しているが、今年から業界団体として運用させる方向。漢方薬原料の安定確保に向け、国内で生薬栽培が加速する中、漢方製剤の製造、医療機関への流通まで一元管理できる仕組みづくりを目指していく。

 生薬の品質は、その元となる植物の栽培方法や生育環境、収穫、採取、加工、輸送、保管などに影響を受けるほか、化学物質や微生物汚染といったリスク管理も必要になる。品質を確保するための生産技術を規定しているのが、GACPとなっている。海外では、2003年に世界保健機関(WHO)が野生の薬用植物を含めたGACPガイドラインを発刊し、中国でも、薬用植物栽培と野生品採取に関する生産管理が進められている。



HOME > ニュース > 【日漢協】生薬栽培の品質確保手引き「日漢協版GACP」を作成

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!