【米ファイザー】米ジェネリック薬大手「ホスピーラ」を買収‐総額2兆円、GEP事業強化

2015年2月16日 (月)

ニュース


 米ファイザーは、米ジェネリック(GE)医薬品大手「ホスピーラ」を買収すると発表した。買収額は170億ドル(約2兆円)で、4~6月までに手続きを終える予定。グローバルで特許切れ製品を扱うエスタブリッシュ(GEP)事業部門の強化を進める中、GE注射剤やバイオ後続品に強いホスピーラを獲得した。ホスピーラの年間収益は40億ドル程度で、両社を併せたGEP事業売上は単純合算で約290億ドルに達する見込み。

 ファイザーの収益全体のうち、約5割を占めるのがGEP事業。2014年業績は、事業活動ベースで前期比7%減の251億ドルとなり、主力の高脂血症治療薬「リピトール」の落ち込みや、世界的に進めていたCOPD治療薬「スピリーバ」の共同プロモーション終了に伴う持分低下などが影響した。ホスピーラ買収は、GEPの事業基盤強化を狙いとしている。



HOME > ニュース > 【米ファイザー】米ジェネリック薬大手「ホスピーラ」を買収‐総額2兆円、GEP事業強化

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!