【中医協・14年度調査速報】病棟薬剤師配置で負担軽減‐医師、看護師の8割が評価

2015年4月27日 (月)

ニュース


「がん管理料」届け出は21%

 厚生労働省は22日、病院勤務医の負担軽減とチーム医療の実施状況に関する2014年度調査の速報結果を、中央社会保険医療協議会総会に示した。薬剤師を病棟に配置し、処方提案や投薬に関する入院患者への説明を行うことにより、診療科医師の8割以上が負担軽減につながったと評価していることが分かった。がん専門薬剤師を評価するため、14年度改定で新設された「がん患者指導管理料3」の施設基準の届け出は2割にとどまったが、400床以上の大病院では5割を超えた。

 病院調査の結果によると、病棟薬剤業務実施加算の施設基準を届け出ている施設は全体の39.3%と、前回調査の16.2%から2倍以上に増えた。勤務医の負担軽減策として、薬剤師との業務分担に取り組んでいる施設は62.4%となった。その効果については「どちらかといえば効果があった」を含めて82.3%に上るなど、8割を超える施設が高く評価していた。



HOME > ニュース > 【中医協・14年度調査速報】病棟薬剤師配置で負担軽減‐医師、看護師の8割が評価

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!