【大日本住友製薬】非定型抗精神病薬「ラツーダ」、プラセボ比で有意差示さず

2015年5月7日 (木)

ニュース


 大日本住友製薬は、統合失調症患者を対象とした非定型抗精神病薬「ラツーダ」(一般名:ルラシドン)の第III相試験「PASTEL」について、対照薬のプラセボ投与群に対し、有効性評価で有意差を示すことができなかったと発表した。昨年12月の速報結果では統計学的な有意差を示す発表を行っていたが、詳細な解析を行ったところ、差異が判明。2015年度の国内承認申請は難しい状況で、今後の開発方針を現在検討している。

 PASTEL試験では、主要評価項目である陽性・陰性症状評価尺度(PANSS)合計スコアのベースラインからの変化量について、ルラシドン40mg投与群と80mg投与群をプラセボ群と比較した。



HOME > ニュース > 【大日本住友製薬】非定型抗精神病薬「ラツーダ」、プラセボ比で有意差示さず

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!