【日本新薬】PAH領域「相乗効果に期待」‐来月、2剤目の販売開始

2015年5月19日 (火)

ニュース


前川重信社長

前川重信社長

 日本新薬の前川重信社長は11日、大阪市内で開いた連結決算会見で、肺動脈性肺高血圧症(PAH)領域治療薬の増収の見通しを説明した。既に販売している「アドシルカ錠」に加え、来月に発売見込みの「オプスミット錠」の販促をアクテリオンの日本法人と共同で行うことによって「相乗効果が期待できる」と強調。自社創製の「NS-304」(セレキシパグ)は国内で今年度中の承認申請、来年秋以降の発売を見込んでおり、作用機序の異なる3剤がそろうことで将来は、さらなる相乗効果を狙う。

 PAH領域は、2015年3月期から始まった5カ年中期経営計画の中で、成長を担う3製品群の一つとして位置づけられている。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【日本新薬】PAH領域「相乗効果に期待」‐来月、2剤目の販売開始

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS