【日本化薬】レミケード後続品、今期目標24億円‐鈴木専務「驚かせたい」

2015年5月19日 (火)

ニュース


 日本化薬医薬事業本部長の鈴木政信専務執行役員は12日の決算会見で、昨年11月に発売された抗ヒトTNFαモノクローナル抗体「CT-P13」(一般名:インフリキシマブ)について、今期の売上目標24億円を掲げた上で「(先発品のメーカーからは)まだまだ全然警戒されていないようだが、驚かせてあげたい」と自信を示した。

 「CT-P13」は、田辺三菱製薬の抗ヒトTNFα抗体「レミケード」のバイオシミラー。国内初の抗体バイオシミラーとなる。採用施設についても鈴木氏は「採用件数で言うと150件を超えるという状況になったので、これからだんだん増えると思っている」と言及した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【日本化薬】レミケード後続品、今期目標24億円‐鈴木専務「驚かせたい」

‐AD‐
‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!