【アステラス】売上年平均「一桁台半ば」目標‐中計発表

2015年6月2日 (火)

ニュース


研究開発は新規領域を強化

畑中好彦社長

畑中好彦社長

 アステラス製薬は、2015~17年度の3カ年中期経営計画を発表した。過活動膀胱(OAB)治療剤「ミラベグロン(一般名)」や抗癌剤「エクスタンディ」などの新製品群の拡大を通じて、売上の年成長率は「一桁台半ば」、コア営業利益では売上を上回る年成長率を達成し、持続的な成長を目指す。研究開発では、「筋疾患」「眼科」「細胞医療」などの新たな領域にも参入し、事業機会を模索する。畑中好彦社長は、5月27日の記者会見で、「18~20年に過活動膀胱治療薬『ベシケア』や抗癌剤『タルセバ』の特許切れ影響によって、成長が一時的に横ばいになるが、新製品群で特許満了後の成長を支える」と語った。

 昨年度で終了した前中計では、ミラベグロンやエクスタンディが伸長し、売上は計画目標を達成することができた。しかし利益面では、ジェネリック医薬品(GE薬)の浸透や新フランチャイズの立ち上げ、研究開発費増加が響き、未達に終わった。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【アステラス】売上年平均「一桁台半ば」目標‐中計発表

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS