【大薬協総会】PMDA関西支部の機能拡充、15年度の実現を構想

2015年6月3日 (水)

ニュース


大阪市内で開かれた大阪医薬品協会総会

賛成多数で事業計画を承認した

 大阪医薬品協会は5月26日、大阪市内で総会を開き、2015年度の事業計画や予算を決めた。国家戦略特区に基づき、「医薬品医療機器総合機構(PMDA)関西支部の機能拡充」を15年度に実現させたい考え。規制改革、治験連携、産官学の連携に引き続き取り組み、製薬会社が関西で創薬を推進しやすい環境の充実を支援する。

 昨年5月に全国で6地域が指定された国家戦略特区では、大阪府などと連携して9項目を提案。このうちPMDA関西支部の機能拡充については、必要な初期費用の半額を大阪府、残りの半額は大薬協、関西経済連合会、大阪商工会議所の民間側が負担する方針が固まった。



HOME > ニュース > 【大薬協総会】PMDA関西支部の機能拡充、15年度の実現を構想

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!