【厚科審小委員会】15年度はインドネシア株‐流行前ワクチンの備蓄決定

2015年7月10日 (金)

ニュース


 厚生科学審議会感染症部会の小委員会は3日、2015年度に備蓄するH5N1プレパンデミックワクチンに免疫交差性の高い「インドネシア株」を選び、500万人分のワクチンを確保する方針を決めた。12年に製造したチンハイ株ワクチンの有効期限が今年度中に切れることへの対応。

 また、従来の鶏卵培養法に加え、今年度から製造期間を約半年に短縮できる細胞培養法を採用し、それぞれ250万人分のワクチンを製造することとした。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【厚科審小委員会】15年度はインドネシア株‐流行前ワクチンの備蓄決定

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS