【中医協総会】医薬分業に対し厳しい意見‐次期調剤報酬改定の議論開始

2015年7月29日 (水)

ニュース


 中央社会保険医療協議会は、22日に開いた総会で次期調剤報酬改定に向けた議論をスタートさせた。政府の経済財政諮問会議や規制改革会議などに、門前薬局の報酬引き下げ、薬剤師による効果的な投薬・残薬管理、医師との連携による地域包括ケアへの参画などが盛り込まれたことを受けての議論だったが、医師委員などからは、分業に対する厳しい意見が相次いだ。

 鈴木邦彦委員(日本医師会常任理事)は、「患者さんの話を聞くと、院内処方は早い、安い、親切、変なものを売りつけられないということで、評判が良い」とし、「調剤薬局がいいと言った人は一人もいない。いままで悪いことをしてきたのではないかという気がするくらい」と批判した。

 また、院内処方と院外処方には、「不合理な点数格差がある」と指摘し、こうした状況を「早急に是正し、少なくとも患者が院内か院外かを選択できるようにすべき」と主張した。



HOME > ニュース > 【中医協総会】医薬分業に対し厳しい意見‐次期調剤報酬改定の議論開始

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!