【協和キリン富士フイルムバイオ/英AZ】バイオ後続品合弁を設立へ‐「ベバシズマブ」の事業化で

2015年7月29日 (水)

ニュース


 協和キリン富士フイルムバイオロジクスと英アストラゼネカ(AZ)は、両社折半出資で抗VEGFヒト化抗体「ベバシズマブ」(先発品名:アバスチン)のバイオ後続品「FKB238」に関する開発・販売の合弁会社を年内に設立すると発表した。資本金は9000万ドル、本拠地は英国となる予定で、具体的な事業の中身は今後詰める方向。協和キリン富士フイルムバイオが開発中の「FKB238」の非臨床・臨床データをもとに、AZの癌領域における開発・販売のノウハウを生かすことで、グローバル展開を加速させるのが狙いだ。

 協和キリン富士フイルムバイオは、協和発酵キリンと富士フイルムが2012年3月に設立したバイオ後続品に特化した合弁会社。関節リウマチなどを適応とした抗ヒトTNF‐α抗体「アダリムマブ」の米国第III相試験を実施しているほか、ベバシズマブでも昨年11月から欧州で第I相試験を開始している。アダリムマブは17~18年、ベバシズマブは18~19年の上市を見込んでいる。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【協和キリン富士フイルムバイオ/英AZ】バイオ後続品合弁を設立へ‐「ベバシズマブ」の事業化で

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS