【田辺三菱製薬】加バイオ医薬品会社を共同子会社化‐ワクチン開発強化

2013年7月23日 (火)

ニュース


 田辺三菱製薬は米フィリップモリスインターナショナルの子会社であるオランダのフィリップモリスインベストメンツと共同で、植物由来ウイルス様粒子技術を用いた新規ワクチンの研究開発に特化したカナダのバイオ医薬品会社「メディカゴ」を子会社化する。カナダ会社法で認められている被買収企業が行う友好的企業買収手続きである「プラン・オブ・アレンジメント」により全株式を現金で取得するもので、12日付でメディカゴ取締役会と合意した。ワクチン事業における阪大微生物病研究会とのパートナーシップは維持する。

 ワクチン領域は世界的に成長が予想される領域で、田辺三菱は新規バイオロジクス技術の獲得を通じたワクチン事業をグローバル展開の一つに位置づけている。



HOME > ニュース > 【田辺三菱製薬】加バイオ医薬品会社を共同子会社化‐ワクチン開発強化

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!