【日本製薬医学会】MSLの管理体制、約7割の企業が課題に

2015年7月31日 (金)

ニュース


都内で開催された第6回JAPhMed年次大会

都内で開催された第6回JAPhMed年次大会

 高度な医学・科学的な知識を武器に、医師への情報提供を行う「MSL」(メディカルサイエンスリエゾン)に関する日本製薬医学会(JAPhMed)の調査で、約7割の製薬企業がMSLの管理体制に課題を抱えていることが、25日に都内で開催された第6回JAPhMed年次大会で発表された。また、MSLの役割や責任範囲については、内資系と外資系で2年前の調査に比べ共通化されてきたものの、内資系のMSL活用が外資に比べ、限定的であることも示された。

 MSLをめぐっては、外資系企業が先行する一方、内資系でもメディカルアフェアーズ(MA)部門の設置が進んでおり、本格的な普及に向けた過渡期を迎えている。



HOME > ニュース > 【日本製薬医学会】MSLの管理体制、約7割の企業が課題に

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!