【NPhA】予想以上の2万1000人超来場‐初のファーマシーフェア盛況

2015年8月6日 (木)

ニュース


テープカットするNPhA幹部

テープカットするNPhA幹部

 日本保険薬局協会(NPhA)が主催する「第1回全国ファーマシーフェア2015」が7月31日から3日間、横浜市のパシフィコ横浜で開催された。同フェアには、医薬品や医療機器の展示に加え、地域連携・IT化・サービス・人材・教育など薬局の経営や運営に関わる情報や、介護・福祉・子育て・サプリメント・機能性食品など、乳幼児から高齢者までの『あんしんライフ』を支える一般向けの分野が一堂に集結。一般向けおよび医療従事者向けの講演も数多く行われ、総来場者数は2万1000人を超え、大いに賑わいを見せた。

 初の開催となった今回は、129社と6団体が出展した。内訳は、IT関係が22社、医薬品関係が22社、セルフメディケーション関係が34社、医療機器関係が13社、介護・在宅関係が14社、その他が30社。また、NPhAのテーマブースが設置されたほか、全国から29の薬科大学等も参加した。総来場者数は2万1277人で、来場者数見込みの2万人を超えた。



HOME > ニュース > 【NPhA】予想以上の2万1000人超来場‐初のファーマシーフェア盛況

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!