神田医薬食品局長「薬局経営、中長期的な戦略を」‐“門前”モデルは厳しい評価に

2015年8月6日 (木)

ニュース


ファーマシーフェアで講演

講演する神田裕二医薬食品局長

講演する神田裕二医薬食品局長

 厚生労働省の神田裕二医薬食品局長は2日、横浜市内で開催された「全国ファーマシーフェア2015」で講演し、政府の規制改革会議などが求めている調剤報酬の見直しについて、「門前薬局の評価は、これから3~4回にわたる改定で引き下げられる方針で、厳しくなると考えている」と発言し、「大病院の前で待っているだけのビジネスモデルは10年後、20年後に成り立つかというと難しい」とし、「中長期的な戦略」を持つよう訴えた。

 神田氏は、規制改革会議が6月にまとめた第3次答申について、「薬局の機能やサービスを患者にメリットを感じられるよう改革してほしいという要望だった」と総括した。



HOME > ニュース > 神田医薬食品局長「薬局経営、中長期的な戦略を」‐“門前”モデルは厳しい評価に

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!