【武田薬品/DNDi】内臓リーシュマニア症治療薬開発で契約

2015年8月11日 (火)

ニュース


 武田薬品とスイスの非営利団体「DNDi」は、内臓リーシュマニア症(VL)治療薬開発に向け、アミノピラゾール系化合物群の中から、VLに効果を示す最適な化合物を特定することを目的に実施する「誘導体最適化プログラム」に参画すると発表した。

 今回の提携では、武田はVLに効果があると期待されるアミノピラゾール系化合物群からリード化合物の特定や、非臨床試験の実施など開発に関する助言やサポートを行う。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【武田薬品/DNDi】内臓リーシュマニア症治療薬開発で契約

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS