医療部会でも議論スタート‐次期改定、提供体制で論点

2015年9月24日 (木)

ニュース


 社会保障審議会医療部会は16日、2016年度診療報酬改定の基本方針策定に向け、医療提供体制の観点からの検討をスタートさせた。主な論点のたたき台は、病床機能の分化・連携、在宅医療・地域包括ケアシステムの推進、チーム医療の推進などが示された。今後11月下旬をメドに議論を深め、基本方針をまとめる。

 この日の部会では、次期診療報酬改定の基本方針に向けた論点が示され、病床機能の分化・連携、在宅医療・地域包括ケアシステムの推進、チーム医療の推進、勤務環境の改善などが挙げられた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 医療部会でも議論スタート‐次期改定、提供体制で論点

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS