【財務省】スイッチ後の医療用薬、保険償還率を引下げ‐17年通常国会に法案提出へ

2015年10月19日 (月)

ニュース


 財務省は、9日の財政制度等審議会・財政制度分科会に、骨太方針2015に盛り込まれた社会保障分野の改革に向けた主な検討事項と工程表を示した。速やかに検討・実施すべき事項で法改正を要するものとして、「スイッチOTC化された医療用医薬品の保険償還率の引き下げ」が挙がった。

 公的保険給付の範囲・内容の適正化では、スイッチOTC化された医療用医薬品について、「保険償還率の引き下げ」を検討事項に挙げ、「速やかに関係審議会などで制度の実現・具体化に向けた検討を開始し、16年末までのできる限り早い時期に結論を得て、遅くとも17年通常国会に所要の法案を提出」とのスケジュールを示した。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【財務省】スイッチ後の医療用薬、保険償還率を引下げ‐17年通常国会に法案提出へ

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS