【米メルク/BMS】免疫療法薬2剤、非小細胞肺癌で米承認

2015年10月19日 (月)

ニュース


 免疫チェックポイント阻害剤2剤が米国で非小細胞肺癌適応を相次いで取得した。米メルクの抗PD-1抗体「キートルーダ」(一般名:ペムブロリズマブ)が2日、ブリストルマイヤーズ・スクイブ(BMS)の抗PD-1抗体「オプジーボ」(一般名:ニボルマブ)が、わずか7日遅れの9日に承認を得た。

 悪性黒色腫から患者数の多い肺癌領域へと適応拡大しており、製品最大化が期待できそうだ。



HOME > ニュース > 【米メルク/BMS】免疫療法薬2剤、非小細胞肺癌で米承認

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!