【政府有識者会議】5種類で5650万人分を確保‐抗インフル薬で備蓄方針

2015年10月22日 (木)

ニュース


 政府の新型インフルエンザ等対策有識者会議「医療・公衆衛生に関する分科会」は16日、備蓄する抗ウイルス薬を5種類に増やし、国民の約45%に相当する5650万人分を確保する備蓄方針をまとめた。その上で、供給体制に関しては、メーカーや卸売業者が保管している「流通備蓄分」を現行の400万人分から1000万人分に引き上げて試算し、国や都道府県が在庫として抱える行政備蓄分を減らしていくことにした。

 備蓄薬剤に関しては、治療薬の多様化を図る観点から、既存のタミフル、リレンザに、小児用製剤の「タミフルドライシロップ」(中外製薬)、国内製造のため即時放出が可能な「ラピアクタ」(塩野義製薬)と「イナビル」(第一三共)を加え、今後、各薬剤を市場での流通割合を反映した形で備蓄することとした。



HOME > ニュース > 【政府有識者会議】5種類で5650万人分を確保‐抗インフル薬で備蓄方針

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!