ICHが新法人に移行‐薬事規制の国際調和推進へ

2015年11月2日 (月)

ニュース


副議長にPMDAの富永氏

 日米EU医薬品規制調和国際会議(ICH)は、本部を設置するスイスで法人格を取得し、23日付で国際的な非営利法人に移行した。グローバル化する医薬品の開発や規制に対応していくことが狙いで、初代総会議長にはレニータ・リンドストーム氏(欧州委員会保健・食品安全総局)が就任。日本からは副議長に医薬品医療機器総合機構(PMDA)の富永俊義上席審議役が選ばれた。今後は、参加国を拡大し、薬事規制の国際調和をさらに進める方針だ。

 ICH新法人は、名称を「医薬品規制調和国際会議」に変更。本部のスイスで法人格を取得し、23日に国際的な非営利法人として設立。新体制では、法人格の主体となる総会のもとに、法人運営を担う管理委員会やガイドライン等の策定に当たる専門家による作業部会を設置した。



HOME > ニュース > ICHが新法人に移行‐薬事規制の国際調和推進へ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!