【中国四国支部学術大会】ポリファーマシー削減を推進‐慢性期医療を担う病院

2015年11月9日 (月)

ニュース


 慢性期医療を担う病院はポリファーマシーの削減を推進していることが、10月31日と今月1日に高知市で開かれた日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会のシンポジウムで各病院の薬剤師から示された。

 薬剤費の大部分は包括払いになるため、病院経営の面からもポリファーマシー対策は重要になる。不必要な薬剤を減らすために、日本老年医学会が作成したリストを活用して持参薬を整理したり、多職種で討議したり、6剤以上使用時には医師に申請を求めたりするなど、あらゆる側面から対策を実施。実際に薬剤数を削減できたという。



HOME > ニュース > 【中国四国支部学術大会】ポリファーマシー削減を推進‐慢性期医療を担う病院

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!