【第一三共】癌領域で新製品ラッシュ狙う‐18~19年度に4品目上市

2015年12月22日 (火)

ニュース


グレン・ゴームリー氏

グレン・ゴームリー氏

 第一三共は、重点領域に位置づける癌領域で、2018年度と19年度の2年間で後期臨床段階にある四つの抗癌剤上市を目指す。18年度にFLT3阻害薬「キザルチニブ」、MET阻害薬「チバンチニブ」、19年度にCSF-1R阻害薬「ペキシダルチニブ」、抗HER3抗体「パトリツマブ」の上市を見込む。グローバルR&Dヘッドのグレン・ゴームリー氏は、14日に都内で開催したR&D説明会で「この5年間、成功の鍵が癌領域であると優先順位をつけて活動してきた。その結果が出ている」と自信を示した。

 第一三共は、米アーキュールとの提携や、米プレキシコンや米アンビットの買収を通じて、癌領域の開発パイプライン強化を図る戦略をとってきた。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【第一三共】癌領域で新製品ラッシュ狙う‐18~19年度に4品目上市

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!