【政府・ゲノム作業部会】遺伝子検査ビジネスを議論‐規制を求める意見相次ぐ

2016年2月1日 (月)

ニュース


 政府の「ゲノム情報を用いた医療等の実用化推進タスクフォース」は1月27日、医療に用いる遺伝子検査と消費者向け遺伝子検査ビジネスをめぐって議論を開始した。特に遺伝子検査ビジネスに関しては、健全な発展のためにも網をかける必要があるとの指摘や、遺伝子検査そのものに対し、臨床検査技師法と別に規制を求める声が上がるなど、慎重な意見が大勢を占めた。

 厚生労働省は、遺伝子検査ビジネスと診断(医行為)との関係について、遺伝子検査ビジネスは生活習慣等の環境要因が疾患発症に大きく関わる多因子疾患のみを対象とし、学術論文等の統計データと検査結果を比較しているにすぎない場合は、医行為に該当しないとの見解を示した。



HOME > ニュース > 【政府・ゲノム作業部会】遺伝子検査ビジネスを議論‐規制を求める意見相次ぐ

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!