塩崎厚労相、かかりつけ薬剤師「進める」

2016年2月16日 (火)

ニュース


 塩崎恭久厚生労働相は、12日の閣議後の会見で、10日に決定した2016年度診療報酬改定についてコメントした。

 塩崎氏は、調剤報酬改定について「だいぶ注目された」とし、「一言で言えば患者本位の医薬分業を進めるということであり、名実ともに一元的、継続的な薬学的管理、指導ができるかかりつけ薬剤師、薬局を進めるということ」と説明。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 塩崎厚労相、かかりつけ薬剤師「進める」

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS