【JACDS】Dgsの機能や方向性等‐ビジョン作りに着手

2016年3月3日 (木)

ニュース


 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、「ドラッグストアビジョン」(仮称)の作成に着手した。宗像守事務総長によると、「超高齢化社会におけるドラッグストアはどうあるべきか、どのような機能を備えるべきか等を様々な角度から話し合ってみようという方向性で検討している」という。

 ドラッグストアビジョンについて、一部の内容に関しては、今月18日から幕張メッセで開かれる第16回JAPANドラッグストアショーの中でも示す予定で、「最終的に4月頃には公表したいとは考えている。いわゆるお題目だけではダメで、会員の意見を十分に聞きながら、実施できるという内容のものにまとめたい」(宗像氏)


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2022 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【JACDS】Dgsの機能や方向性等‐ビジョン作りに着手

‐AD‐
ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
アカウント・RSS
RSSRSS