【厚労省】妊婦の薬情報充実へ新事業‐作業部会で添文改訂検討

2016年3月14日 (月)

ニュース


 厚生労働省は、来年度から妊婦・授乳婦を対象とした薬の適正使用推進事業をスタートさせる。国内外の妊娠と薬に関する情報を集める国立成育医療研究センターの「妊娠と薬情報センター」にワーキンググループを新たに設置し、添付文書の改訂対象となる医薬品を選び、厚労省などを通じて製薬企業に添付文書の改訂を指示していくことにより、妊婦や授乳婦向けの情報を充実させる狙いだ。

 医薬品の添付文書には、臨床試験を実施することの難しさなどから、妊婦・授乳婦向けの適正使用情報の記載が少ないのが現状である。そこで、厚労省は2016年度の予算事業として、協力関係にある病院や電話相談を通じて、妊婦や授乳婦の薬の服用情報を収集している妊娠と薬情報センターにワーキンググループを設置し、集めたデータから相談や症例情報の多い医薬品を選び、評価を行う。



HOME > ニュース > 【厚労省】妊婦の薬情報充実へ新事業‐作業部会で添文改訂検討

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!