【アステラス製薬/田辺三菱製薬】25万化合物を相互利用‐HTSの多様性を広げる

2016年4月6日 (水)

ニュース


 アステラス製薬と田辺三菱製薬は、お互いが保有する化合物ライブラリーの中で自社合成化合物を含む約25万化合物を相互に交換・利用する契約を締結した。契約期間は今月1日から5年間で、期間中は相手方から受領した化合物を用いて自由にハイスループットスクリーニング(HTS)が可能となる。

 今回の契約は、注力している研究分野の異なる両社が化合物ライブラリーへの相互アクセスを可能とすることで、より幅広いHTSを実施し、化合物の創出機会を増やすのが目的。HTSによってリード化合物が得られた場合は、疾患領域や診断薬など対象範囲の制限なく、化合物に基づく研究・開発・商業化をすることができる。


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円(002)

healthday-logo
Copyright (C) 2021 株式会社薬事日報社
※掲載記事の無断転用を禁じます。(004)

HOME > ニュース > 【アステラス製薬/田辺三菱製薬】25万化合物を相互利用‐HTSの多様性を広げる

ニュース 新着記事
検索
カテゴリー別 全記事一覧
年月別 全記事一覧
新着記事
お知らせ
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!